私のお気に入りの常備薬

私は以前、夜なかなか寝つけなかったときに、病院でレンドルミンというお薬を処方してもらったことがあります。

 

これは初めてのときはとても強力に感じました。
とても気持ち良くなり、眠くなるのです。
ただ、少し強い感じがしたので、4つに割ったりして使っていました。
またこれがないと寝れなくなるのも‥と思い徐々に使わなくなりました。

 

不眠についていろいろと調べて、太陽に当たったり運動をしたりするのがいうことを知り、少しずつしてみました。
また不安なことがあるときは紙に書き出してみると、困っていたことも大したことないなーと思ったり、
こうすればいいんじゃないかというのが浮かんだりして、安心できるようになりました。

 

家族も仕事がとてもハードなときに、夜遅く3時ごろ帰ってきて、
早く寝たいのに仕事のモードが残っていて寝られない時に、少しの間飲んでいたことがあります。

 

そのときお医者さんに、運動するといいですよ、と言われ休日にダンスを習いに行ってみたら、
そこの女性の先生がとても感じのいい年上の人で、だんだん夜眠れるようになったようです。

 

 

あと市販の薬でよく使うのは、ガスピタンです。
私は緊張するようなことがあるとお腹が痛くなり、だいたいそういうときはガスがたまっているみたいです。

 

ガスピタンを飲むと、かなりラクになります。
水なしで飲めて、ヨーグルトの味がして、割とおいしいです。
しかしこれもしょっちゅうだとお値段がかさむので、だんだんお腹が痛くてももほうっておくようになりました。
気にしないせいか、最近はほとんど腹痛は起きていません。

 

ほかに家に必ずあるのはバファリンですね。
生理痛、頭痛のときにとてもいいです。飲むとてきめん、痛みが取れます。

 

でも少し効き目が強く、ごはんを食べてから飲むのがいいそうなので、食後に飲むようにしています。
また、食後に飲み忘れたときは、牛乳などを飲んでから飲むようにしています。

 

生理痛のひどい人は、耐えられずこれをたくさん飲む人もいるそうですね。
私はそんなに生理痛がひどくないので、いつも一錠で効いています。

 

思い出の薬にビオフェルミンがあります。
粉状のもので今でもビオフェルミンは家に置いてあります。
子供のころ、おやつが何もないときに兄と一緒にこれを食べていました(笑)

 

すごくおいしかった思い出があり大人になってからもう一度食べてみましたが、あの頃のようにおいしくはなかったです…。
そういえば、小さい頃は金魚にあげる麩も好きでよく食べていました。